今、ロボットは工場の中で動くモノづくりのための自動化機械から、生活環境の中で動くロボットへと大きな転換期を迎えています。一般家庭でもすでにロボット掃除機が家の中を走り回っています。経済産業省とNEDOによると、日本国内のロボット市場は2035年に9.7兆円まで拡大すると予測しています。

ロボットのある生活 ”はそう遠くない未来なのかもしれません。

ロボットが今よりもっと、私たちの生活の中に入ってきたら、いったいどのような未来が待っているのでしょうか?

本当にそのような未来が現実のものになるのでしょうか?

平成29度からスタートした、第4世代MIRSでは、電子制御工学科の4年生が5つのプロジェクトチームを構成し、市場動向や身近な経験に基づいて、私たちの少しだけ未来にある”ロボットのある生活”を提案します。そして、自律移動型ロボットの標準機プラットフォームをベースに、それぞれのチームが提案するロボットを、企業におけるモノづくりの仕組みに沿って設計・製作します。

最終的に、提案するロボットのデモ機が完成したら、MIRS発表会&展示会という形で一般公開します。

2019年度のプロジェクト

チームプロジェクト名カタログ概要
1901Cocktail遊びを創造するプログラミング教育ロボット
1902MIRcarrieS階段昇降ができる無人運搬ロボット
1903もっぴー体育館をお手軽メンテナンスするモップがけロボット
1904thynk!対戦型のプログラミング教育ロボット
1905パーまん駐車場の案内を助けるロボット

2018年度のプロジェクト

チームプロジェクト名カタログ概要
1801LibNAVI高専の図書館を案内するロボット
1802HEROゴミを「拾う」のではなく「拾わせる」ロボット
1803SCOPE校内を巡回警備し守衛業務を支援するロボット
1804NEW GYM員グラウンドのライン引きロボット
1805ロボメイト遠隔授業などでクラスメートを助けるロボット

2017年度のプロジェクト

チームプロジェクト名カタログ概要
1701健康イキイキ!!視覚障害者の外出を支援する盲導犬ロボット
1702ココバス人と場所、ロボットと心をつなぐ高専案内ロボット
1703店員Season2飲食店で自動配膳するロボット
1704運ぱんマン学校生活で荷物を運搬する人を助けるロボット
1705CUEBOTプログラミングが学べる子供向け知育ロボット