新規 | 編集 |

名前学籍番号チーム担当ドキュメント番号更新日時
小澤拓D04106MIRS0701ソフトウェアMIRS0701-WORK-00012008.2.18

日付コード作業内容授業内作業(H)授業外作業(H)備考
2007.5.8001OSのインストール1.51
2007.5.11003追加部品の受取
バンパーの製作
センサのチェック
1.52.5ドータボード未完成
2007.5.15003ドータボードの製作03ドータボード未完成
2007.5.22003超音波センサの作成
本体の作成
センサ各種の取り付け
1.52.5超音波センサ1不足
2007.5.25003超音波センサの作成
1.51.5超音波センサ1不足・・・
2007.5.29003超音波センサの修復
パラメータの導出(未)
1.53.5電源ボードorMPCボードに不具合アリ
2007.5.30001パラメータの導出の準備
電源ボードの改良
04.5電源ボード新規作成が必要
2007.5.31003電源ボードの作成03電源ボードの作成
2007.6.1003MPCボードの作成
電源ボードの作成
1.51 テスト前最終日、パラメータの導出ができず・・・。
2007.6.12003MPCボードの作成068Vが命令を無視して流れてしまう。
2007.6.13003MPC,電源ボードの調整
パラメータの導出
1.55フォトカブラのエラーだとわかった。
2007.6.14003パラメータの導出
ロータリーエンコーダのトラブルシューティング
06シューティング中・・・。
2007.6.15003標準動作試験
トラブルシューティング報告書の作成
05標準機動作試験中・・・。
2007.6.15003標準機動作試験のトラブルシューティング1.55成功確認!
2007.6.18001動作試験00.5チェック完了
2007.6.19002システム提案書の作成
標準機動作試験書の提出
1.51.5標準機動作試験書提出
2007.6.20002システム提案01システム提案書が作成可能段階に
2007.6.22002システム提案書の作成
プレゼンの仕方の検討
1.51.5システム提案書完成
2007.6.26002システム提案書の発表1.50.5講評を聞きにいく人を決定しました。
2007.6.29001ドットマトリクス技術調査
過去のMIRS資料の閲覧
1.52ドットマトリクスはPICで動くかもしれな ただ、昨年度のPIC使用班がいない理由が気になる
2007.7.3001ドットマトリクス技術調査1.51自宅でやってきたのであまり時間はかかりません
2007.7.5001技術調査書の作成
超音波センサの距離測定
1.51調査書の改善点多いです。
2007.7.10003技術調査書の手直し
基本設計書の作成
1.52基本設計書の担当箇所完了
2007.7.13004-Sドットマトリクス詳細設計1.50FPGAを利用する予定、GND及びVccの線をどうするか未定・・・。
2007.7.20003基本設計書のプレゼン1.50.5詳細設計フェイズに移行します。
2007.7.24004-Sドットマトリクス詳細設計
FPGA関連の設計
1.50いまのところの問題点はありません。
2007.9.4004-Sドットマトリクス詳細設計1.50作業順調
2007.9.14004-Mドットマトリクス詳細設計2.250
2007.9.18004-Mドットマトリクス設計2.250
2007.10.15004-S製造仕様書・試験仕様書・サンプルプログラム作成1.51.25C言語なんて忘れました。勉強しなおします。
2007.10.19004-S製造仕様書・試験仕様書の完成・プログラム調査31
2007.10.22004-SプログラムとVHDLの再構想、難しい1.51.5問題発生 HELP
2007.10.25005-EFPGAの作成31VHDLを忘れてる・・・
2007.10.26005-Sプログラム作成
FPGA回路の設計
30.5やっとプログラムです
2007.10.29005-Smaking prigram1.52Vine Linux
2007.11.2005-Sマトリクスの絵割り当て
仮想表示プログラム作成
マネージャー会議の資料作成
真理値表の更新
30自宅でやったほうがいいですね
2007.11.6005-Sマネージャー会議
ドットマトリクスのプログラム仕様の大幅変更
ドットマトリクスのFPGAの変更
30根本改造
2007.11.9005-S生成プログラムのアルゴリズムの一斉再構成30根本改造2 最近こんなんばっか
2007.11.12001Coding dotmatrix program.1.51.5Vine linux
2007.11.13005-SCoding dotmaritx prigram.1.50Vine linux
2007.11.19005-Sプログラム:CMC構成1.50
2007.11.26005-Sプログラム作成
CMC(完成)
ドットマトリクス(完成)
未コンパイルですがね!
1.51メカが追いつかないという・・・。
2007.11.29005-Sプログラム統合30テスト前
2007.11.30005-Sコネクタの作成
プログラムの完成
30ソフトがだいたい完成。個別のテストプログラムを作成すること。
2007.12.10005資料作成 コネクタの作成1.51.5なぜか時間が終わっていました。
2007.12.14005ドットマトリクスの取り付けなど31softのデバッグが大変かもしれない、いや大変
2007.12.17005ほかの部署の手伝い
rtlinuxでのコンパイル
メカの製造補助
1.50.5softのデバッグが終わらない
2007.12.18006-Ssubsystem testing04find soft bugs
2007.12.20006ドットマトリクスの調整01.55Vでない
2007.12.21006ドットマトリクスの調整
03致命的なミス?発覚
2007.12.24011作業の洗い出し01祝日だったんですか
2007.12.25005コンパイル04コンパイル成功
2007.12.26005動作可能環境を拡張05.5動作できるのが増えてきた
2007.12.27005いろいろとテスト05.5ドットマトリクスは放置
2007.12.28005動作試験05サーチまで完了
2008.1.4005不安事項のチェック03とりあえずバッテリーでついてよかったとです
2008.1.8005メカニクス補助02だんだん完成に近づいてきたかもしれない
2008.1.10007動作テスト03メカニクスが不十分なのが痛い
2008.1.11007メカニクスの改善
サーチ結果の吟味
33次は正対補正の吟味
2008.1.12007サーチのサンプリング
アプローチ1の実行
08正対補正はまだか・・・。
2008.1.13007正対補正05OS死亡
2008.1.15007超音波センサの吟味03OS復活
2008.1.16007システム試験・パラメータ導出06.5パラメータ関連
2008.1.17006-Sパラメータ組み込み アーム05パラメータおかしい
2008.1.18005-S仮想マップの関数のコーディング35内部で配線が切れてるって・・・
2008.1.19007エンコーダ、正対016正対補正が無理っぽい
2008.1.20006発見+正対補正013OSが非常にあやしい
2008.1.21007探査・アーム・アプローチ11.58夜になるとフリーズらしいです
2008.1.22007プレ競技会32.5プレ競技会大敗
2008.1.23007正対補正1.57正対補正成功
2008.1.24007アーム実験06アーム制御不能かな・・・
2008.1.25007移動・仮想マップ15関数の作成36.5徹夜・うごかなーい
2008.1.26001アーム・仮想移動016アーム動かない
2008.1.28007アーム動作・スレッドのプログラミング1.52アーム動作!
2008.1.29007動作調整08リハーサルに備えて
2008.1.30001動作調整07リハーサルはできそう。
2008.2.1007リハーサル37リハーサルはたぶん成功
2008.2.2007vmap関数の調整
工作室に会場作成
013ガンガンテストしていきたい
2008.2.3007デバッグ08あとはデバッグ
2008.2.4007デバッグ1.58.5ひたすらデバッグ
2008.2.5007デバッグ010たのしいデバッグ
2008.2.6007デバッグ08しにさうデバッグ
2008.2.7007班員に指示05.5発熱により帰宅
2008.2.8011競技会31.59点獲得
2008.2.15009ドキュメント作成30ドキュメント多いですね
2008.2.18009ドキュメント作成
作業終了
1.50長いようでみじか・・・くない時間MIRSよ、ありがとう。


合計時間102300.25

ユーザー名: パスワード: